プロフィール

 

 SHOYA

物販プレイヤー/コンサルタント

24歳。岩手県出身。

 

MESSAGE

 

 

はじめまして、中国輸入コンサルタントのSHOYAと申します。

 

ここでは、私の自己紹介をしていきたいと思います。

 

私は「中国輸入で悠々自適な生活を目指すこと」をコンセプトに物販プレイヤーとして、またコンサルタントとしての活動をしています。

 

私はついこの前までは米屋で働いていましたが、今では、ほぼ何もしなくても毎月米屋当時の月収の5倍以上のお金が自動的に銀行口座に振り込まれており「悠々自適な生活」を送ることが出来ています。

 

 

金なし、コネなし、スキルなしからのスタート

 

 

当時、手取りで給料が10万程度しかもらえていなかったので生活するのも精一杯でした。

 

もちろん貯金もほとんどありません。

 

「何とかここから抜けだしたい」

 

そう考え、片っ端から本やネットを使って副業でできるビジネスを探していました。

 

そこで中国輸入に出会いました。

 

パソコンも大して使えず海外からものを仕入れるというのは初めての経験でした。

 

困ったとしてもやり方を教えてくれる人も周りにいませんでした。

 

最初は中国輸入のブログやメルカリ転売のブログを読みあさり、自分で試行錯誤してみました。

 

メルカリ転売はスタートから15万円を売り上げるところまで行きました。

 

しかし、メルカリは基本的に業者の販売を禁止しています。

 

売り上げが大きくなるにつれアカウント停止のリスクについて怯えるようになりました。

 

「このままで良いのだろうか?」「これが真っ当なビジネスだろうか?」

 

自問自答する中、時が経つにつれメルカリではない販売先を模索するようになりました。

 

 

1通のメールとの出会い

 

 

その後、アカウント停止のリスクが少ない販売先のノウハウを調べていたところあるブログに出会いました。

 

そこで登録した1通のメルマガが私の人生を大きく変える事になります。

 

そのメルマガを聞き終わった直後、「この人に教えてもらいたい!」と感じたのは、今でも忘れません。

 

その後、その人に本格的に中国輸入ビジネスを教わり、自分が進む方向が間違っていたのに気づく事になりました。

 

中国輸入についても、もちろんのこと、経営者としての考えかたや生き方について学び、自分が急速に成長していくのがわかりました。

 

既に成功している人に教わったことで、10倍の速さで成長できたと言っても過言ではないでしょう。

 

この出会いがなければ、私はまだメルカリ転売を続け、アカウント停止に怯え、独立することも叶わなかったと思います。

 

 

中国輸入ビジネスコンサルタントへ

 

 

晴れて中国輸入で独立し、ビジネスも安定した頃、その時の先生から、「当時のあなたと同じように困っている人を助ける活動をしてみなさい」と言われ、ここから私のコンサルタントとしての活動が始まります。

 

先生から教えていただいた内容に加え、私が経験してきた販売戦略を組み合わせた独自のノウハウを開発することにしました。

 

この販売方法はできるだけ少ない資金で利益を最大限に狙いに行くやり方で、資金の少ない人や独学で中国輸入に挑戦したい人に最も適している販売戦略だと自負しております。

 

現在中国輸入で多くの人がやられているOEM、いわゆるオリジナル商品販売は多くの資金が必要になるだけでなく、商品ページの作成や工場との打ち合わせなど、1つの商品を販売するのに最低でも3ヶ月、長いと1年の時間を必要とします。

 

OEMは副業の人が中国輸入に挑戦するには難易度が高く、また結果が出るまでにモチベーション維持することが難しい販売方法です。

 

アカウント停止のリスクが高いメルカリ転売だけでなく、OEMも中国輸入ビジネスに挑戦した人が陥る大きな落とし穴の一つです。

 

大抵の人はOEMに挑戦した結果、せっかく貯めた資金を使い果たし、部屋中が不良在庫の山に埋もれてしまっているのが現状です。

 

なので私は、そのリスクを徹底的に排除した販売方法を構築するに至りました。

 

それが独自の販売方法「ローリスク・アタック」となります。

 

 

そして、コンサルタントとは生徒が一人前の物販プレイヤーとなるまでサポートをすることが主な仕事です。

 

毎日趣味に明け暮れたい。自由な生活をしたい。副業を始めたい。上司の言いなりになりたくない。

 

そう思っている人は、世の中に沢山いると思います。

 

ただ、当時の私と同じようにどうして良いのか分からないと悩んでいる人はたくさんいると思います。

 

 

 

私は、そんな人のお役に立てたらと思って活動しています。